立つ

日常生活のマイナス習慣を変えれはO脚矯正の効果は2倍になります。
立つという動作だけでも良い立ち方、悪い立ち方というのがあります。

まっすぐ立つ時は出来るだけ足先とかかとはくっつけるように立ちましょう。
足をぴったりつけられない場合は足先は開くときは30度位までにすると良いでしょう。
つま先を大きく開いて立つのは偏平足や外反足を悪化させてしまいます。

足を開いて立つときは肩幅までにすると長時間立つ時でも楽になります。
この時は足先は正面を向くようにし、膝をつっぱらせないようにしましょう。
内股で立っていると見た目は可愛らしく見えますが、この立ち方が原因で骨盤にゆがみが出来てお尻が大きくなってしまい、姿勢も悪くなってしまいます。
子供に多い立ち方で側面立ちというのがあります。
側面立ちというのは両脚の側面(外側)に体重を乗せる立ち方です。
この立ち方は足首に大きな負担がかかり、足をくじきやすくなったり関節がゆがむ多きな原因となります。
足を交差させたり、片脚立ちにも注意しましょう。
このような片方の脚だけに体重がかかるような立ち方をすると体重のかかったほうの脚の付け根の関節がゆがみお尻が大きくなってしまいます。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1144) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/腴.html on line 63

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/腴.html on line 65

おすすめグッズ

身体のゆがみを整えるサポーター 身体のゆがみを整えるサポーター
股関節からねじり戻すことで身体のゆがみを芯から整える整体サポーター
スリムクッション 骨盤を矯正するクッション
1日15分座るだけで、下半身太りやO脚の原因となる骨盤の歪み・広がりを矯正します
パワーアップした骨盤矯正クッション
1日5分のかんたん骨盤矯正。スリムクッションがバージョンアップ。さらに軽く、さらに薄くなり、締め付けがパワーアップしました。
ダイエット スリッパ
日常使われていない下半身の内側の筋肉を活用することで、たるんだ太ももが引き締められ、O脚の補正効果、外反母趾にも効果が期待
します。
O脚矯正グリップ
足の指にはめるだけで、足の指でしっかりと蹴り出す正しい歩き方が自然に身に付き、O脚の矯正、下半身の引き締めに効果を発揮します。
歩行矯正インソール
シューズ素材の国内トップメーカーが作り出したスーパーインソール。特殊素材と特殊構造で立ち仕事や歩行を楽にし、外反母趾やО脚でお悩みの方にも効果的です 。

O脚矯正の基礎知識

O脚の種類は4つ。その原因と症状

O脚矯正のかん違い

O脚と外反足

O脚矯正にチャレンジ

自宅マッサージで矯正しやすい足に

筋肉を伸ばして鍛えるO脚矯正ストレッチ

美脚をつくる生活習慣

リンク

Copyright © 2006 O脚矯正美脚レッスン. All rights reserved