座る(床)

座ってくつろぐ時くらい自由にしたい、その気持ちも分かりますが悪い姿勢で長時間座っていると、下半身ばかりか全身にゆがみが出てきてしまい、その上健康にも影響を及ぼしてしまいます。

良い座り方というのは全体的に一箇所に体重がかからない座り方の事です。
両脚をまっすぐに前に出して座り、お尻の2、30cmほど後ろの手をつく座り方。
お尻の肉を真ん中に集めるように意識しながら腰を下ろすといいでしょう。
そのまま両膝を立てて座るのも良い座り方と言えます。
しかし、ここで膝を曲げすぎたり身体を起こしすぎるとお尻の骨が床にあたってしまいお尻が広がる原因になるので注意しましょう。

正座も座り方によっては良い座り方になります。
膝の間はこぶし一個分程空けてかかとに均等に力が加わるようにお尻を落として座ります。
正座で注意したいのが足の指先を重ねる座り方です。
でも長時間の正座はやめるようにしましょう。
正座はこの座り方の方が楽なのですが、膝から下をゆがめてしまい原因になります。

この足を重ねるというのはあぐらにも同じ事が言えます。
足の裏を合わせたあぐらや、両脚を重ねないように座るあぐらなら問題ありません。
足を絡ませたり、ヨガのポーズのようなあぐらは膝や足首に大きな負担をかけてしまいます。
O脚の人は特に注意しましょう。

女の人で多いのが膝を曲げて両足の間にお尻をおとすペチャンコ座りと、両足を左右のどちらかに曲げて座る横座りです。
ペチャンコ座りに関しては足首、膝、股関節の全てにねじれを引き起こしてしまう最悪の座り方です。
絶対にやめるようにしましょう。
横座りは特に上になった脚のO脚を悪化させてしまいます。
いつも同じ方向に座っていると骨盤のバランスがとれなくなってしまうのです。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1144) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/綺с鐚綺鐚.html on line 72

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/綺с鐚綺鐚.html on line 74

おすすめグッズ

身体のゆがみを整えるサポーター 身体のゆがみを整えるサポーター
股関節からねじり戻すことで身体のゆがみを芯から整える整体サポーター
スリムクッション 骨盤を矯正するクッション
1日15分座るだけで、下半身太りやO脚の原因となる骨盤の歪み・広がりを矯正します
パワーアップした骨盤矯正クッション
1日5分のかんたん骨盤矯正。スリムクッションがバージョンアップ。さらに軽く、さらに薄くなり、締め付けがパワーアップしました。
ダイエット スリッパ
日常使われていない下半身の内側の筋肉を活用することで、たるんだ太ももが引き締められ、O脚の補正効果、外反母趾にも効果が期待
します。
O脚矯正グリップ
足の指にはめるだけで、足の指でしっかりと蹴り出す正しい歩き方が自然に身に付き、O脚の矯正、下半身の引き締めに効果を発揮します。
歩行矯正インソール
シューズ素材の国内トップメーカーが作り出したスーパーインソール。特殊素材と特殊構造で立ち仕事や歩行を楽にし、外反母趾やО脚でお悩みの方にも効果的です 。

O脚矯正の基礎知識

O脚の種類は4つ。その原因と症状

O脚矯正のかん違い

O脚と外反足

O脚矯正にチャレンジ

自宅マッサージで矯正しやすい足に

筋肉を伸ばして鍛えるO脚矯正ストレッチ

美脚をつくる生活習慣

リンク

Copyright © 2006 O脚矯正美脚レッスン. All rights reserved