座る(椅子)

椅子に座るという動作一つでも足には負担になる場合があります。
まっすぐな脚のためにも椅子に座る時でも脚に負担をかけない座り方を心がけましょう。

脚に良い椅子の高さは膝と足首が90度になる高さの椅子がベストです。
両足両膝をそろえてまっすぐ前をみて座りましょう。
もちろん背筋は真っ直ぐにしなければなりません。
背筋を伸ばしても胸は反らさないで自然な状態になるのが一番好ましい座り方です。
疲れてきたら脚を肩幅位まで広げると良いでしょう。
ただし、膝と脚の間が同じ幅になるように注意しましょう。

悪い座り方というのは膝を開いて足首を交差させたり、膝をくっつけて足先を椅子にからませたり、膝をくっつけて足先を開いたりする座り方です。
これらの座り方は膝と足首に余計な力が加わっているためにゆがみやねじれを引き起こしやすくなっています。
膝をくっつけて足先を開く座り方はO脚の人には楽な座り方なのですが、無意識の内に膝頭が内側を向いてしまっているのでO脚を更に悪化させてしまいます。

一番多い座り方が脚を組んで椅子に座る座り方です。
脚を組むと下になった脚の膝が内側に向いてO脚を悪化させ骨盤までゆがんできてしまいます。
どうしても組みたければ短時間で脚を組みかえるようにしましょう。


Warning: file(http://banraishop.com/linksitemanage/link/1144) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/座る(椅子).html on line 64

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/taro2/public_html/o-kyaku.kenko-daijiten.com/archives/臂ゃ羇紫/座る(椅子).html on line 66

おすすめグッズ

身体のゆがみを整えるサポーター 身体のゆがみを整えるサポーター
股関節からねじり戻すことで身体のゆがみを芯から整える整体サポーター
スリムクッション 骨盤を矯正するクッション
1日15分座るだけで、下半身太りやO脚の原因となる骨盤の歪み・広がりを矯正します
パワーアップした骨盤矯正クッション
1日5分のかんたん骨盤矯正。スリムクッションがバージョンアップ。さらに軽く、さらに薄くなり、締め付けがパワーアップしました。
ダイエット スリッパ
日常使われていない下半身の内側の筋肉を活用することで、たるんだ太ももが引き締められ、O脚の補正効果、外反母趾にも効果が期待
します。
O脚矯正グリップ
足の指にはめるだけで、足の指でしっかりと蹴り出す正しい歩き方が自然に身に付き、O脚の矯正、下半身の引き締めに効果を発揮します。
歩行矯正インソール
シューズ素材の国内トップメーカーが作り出したスーパーインソール。特殊素材と特殊構造で立ち仕事や歩行を楽にし、外反母趾やО脚でお悩みの方にも効果的です 。

O脚矯正の基礎知識

O脚の種類は4つ。その原因と症状

O脚矯正のかん違い

O脚と外反足

O脚矯正にチャレンジ

自宅マッサージで矯正しやすい足に

筋肉を伸ばして鍛えるO脚矯正ストレッチ

美脚をつくる生活習慣

リンク

Copyright © 2006 O脚矯正美脚レッスン. All rights reserved