良い立ち方

日常生活のマイナス習慣を変えれはO脚矯正の効果は2倍になります。
立つという動作だけでも良い立ち方、悪い立ち方というのがあります。

まっすぐ立つ時は出来るだけ足先とかかとはくっつけるように立ちましょう。
足をぴったりつけられない場合は足先は開くときは30度位までにすると良いでしょう。
つま先を大きく開いて立つのは偏平足や外反足を悪化させてしまいます。

足を開いて立つときは肩幅までにすると長時間立つ時でも楽になります。
この時は足先は正面を向くようにし、膝をつっぱらせないようにしましょう。
内股で立っていると見た目は可愛らしく見えますが、この立ち方が原因で骨盤にゆがみが出来てお尻が大きくなってしまい、姿勢も悪くなってしまいます。
子供に多い立ち方で側面立ちというのがあります。
側面立ちというのは両脚の側面(外側)に体重を乗せる立ち方です。
この立ち方は足首に大きな負担がかかり、足をくじきやすくなったり関節がゆがむ多きな原因となります。
足を交差させたり、片脚立ちにも注意しましょう。
このような片方の脚だけに体重がかかるような立ち方をすると体重のかかったほうの脚の付け根の関節がゆがみお尻が大きくなってしまいます。



基礎知識

O脚の原因と症状

O脚矯正の勘違い

O脚に悪影響を及ぼす足のトラブル

間違ったO脚矯正は危険

クリニックのO脚矯正方法

矯正に効くマッサージ

矯正ストレッチ・エクササイズ

生活習慣を見直す

Q&A

相互リンク

Copyright © 2007 O脚大事典. All rights reserved